ぜいたくレッドスムージー


ダイエット利用で大人気!ぜいたくレッドスムージーとは?

ぜいたくレッドスムージーは、日ごろ不足しがちなビタミンなどを補いながらすっきりボディーをサポートしてくれる新感覚のスムージーです。赤いポリフェノールが豊富なだけでなく、乳酸や酵素が豊富だからダイエットに使いやすいのです

 ◆赤い果実を利用した新感覚スムージー

ダイエットをしようと思っても、多くの人は失敗してしまいます。失敗の理由に多いのが、無理な食事制限です。食事の量を減らしてもお腹が空いて長続きしないことや、栄養不足から肌の調子が悪くなってしまうことが多いのです。

肌がぼろぼろになってしまってはダイエットをしている意味がわからなくなってしまいます。髪が抜けやすくなる人や、生理のサイクルが狂うなど、深刻な影響を受けることもあります。

ダイエット時の栄養サポートや空腹感を補うためのグリーンスムージーは定着していますが、ぜいたくレッドスムージーはフルーツ中心でより飲みやすくなった新感覚のスムージーになっています。ビタミンやミネラル不足を補いつつ、健康的に痩せるサポートをしてくれるのです。

 ◆サクランボや赤ブドウなど赤い果実をたっぷり使用

ぜいたくレッドスムージーの特徴が、イチゴや、赤ブドウ、サクランボなど、食べ物としても人気の5つのフルーツを利用していることです。また、栄養豊富なことで知られるトマトやレッドジンジャーを加え、7種の赤いポリフェノールを含んでいます。

ポリフェノールには血液をさらさらにし、体全体に効率的に栄養を届ける役割があるといわれています。美容成分としても有名で、美肌を目指すサプリメントなどにも含まれることが多いのが特徴です。

フルーツをたっぷり利用しているから飲みやすいのも特徴で、デザート間感覚で飲めるスムージーになっているのも魅力です。

 ◆スティックタイプで持ち運びに便利

ぜいたくレッドスムージーはスティックタイプで、粉末を水やヨーグルトに溶かすなど気軽に利用できるのも魅力です。持ち運びが便利なため、仕事の際に持ち歩く人もいます。

ビタミンやミネラルが豊富なだけでなく、ダイエットのサポートに乳酸菌や酵素を加えているのも魅力で、腸内環境の改善に利用しやすいのです。

乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やし、腸の活動を活発にするのが特徴です。酵素は食べ物の消化吸収を助けるため、相乗効果を見込めるのもポイントです。

酵素は消化吸収以外にもいたるところで利用されていて、アンチエイジングにも利用できると考えられています。酵素は加熱に弱く、なかなか取れないからこそ、ぜいたくレッドスムージーで補うのは賢い方法なのです。

 

 

リピーター続出!ぜいたくレッドスムージーの効果とは?

ぜいたくレッドスムージーはダイエット時に不足しがちなミネラルやビタミンを豊富に含んでいます。また、腸の活動を活発にする成分も含んでいて、ダイエットに繋げやすいのです。ダイエットの効果がなかなか現れない場合は使ってみるのも方法です。

 ◆ダイエットのサポートに使いやすい

ぜいたくレッドスムージーはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。様々な種類の果物や赤いポリフェノールを含んだ植物をたっぷり含んでいるのが特徴で、栄養バランスに優れているのです。日ごろ不足しがちな野菜不足を補えるだけでなく、ダイエットにも使いやすいのが魅力です。

ダイエットのサポートに使いやすい理由は他にもあります。ぜいたくレッドスムージーには水分を含むことで30倍まで膨らむバジルシードが含まれています。粉末タイプで水や豆乳などに溶かして飲む形になりますが、腹持ちが良いため食べすぎを防ぐことができるのです。朝食と置き換えて利用する人も多く、ダイエットのサポートに使いやすくなっているのです。

 ◆不要なものを溜め込まない体作りに

ぜいたくレッドスムージーには、レッドジンジャーといわれる生姜の仲間が含まれています。ショウガオールなど、冷えの予防や代謝アップに役立つ成分が豊富で、運動などと組み合わせることでダイエット効果を高めることができます。

また、乳酸菌がプラスされているのも特徴です。乳酸菌は善玉菌の活動を助け、悪玉菌を減らすことで知られています。善玉菌が増えて、腸内の環境が良くなればそれだけ腸が活発に動くことになります。腸の活動を活発にすれば、それだけ便秘になりにくく、不要なものを溜め込まない体になるのです。

ポイントになるのが、腸は栄養を吸収するため多くの血管が張り巡らされていることです。腸の活動が活発になれば、血流がよくなり、代謝も活発になりやすいのです。より効率的にカロリーを消費したいのであれば、乳酸菌をとるのも一つの方法なのです。

 ◆脂肪の分解吸収に関わる酵素も豊富

ぜいたくレッドスムージーには酵素も加えられているのが特徴です。酵素は脂肪の分解吸収に深く関わっていて、酵素が足りなければ脂肪がつきやすくなってしまいます。また、細胞の生まれ変わりにも酵素が大きく関係していますが、体の中の酵素は加齢ともに生産量がへり、老化を感じやすくなる原因になるのです。

多くの酵素は消化吸収に使われているため、外から補うことで体の中の酵素を効率的に使えるようになります。また、ぜいたくレッドスムージーには酵素を生み出すための栄養も豊富に含まれているため、ダイエット目的だけでなく、美容や健康が気になる人にも使いやすいのです。

 

 

本当にダイエットに効くの?気になるぜいたくレッドスムージーの成分?

ダイエットに効果があると評判のぜいたくレッドスムージーですが、飲むだけで痩せるわけではない点に注意が必要です。影響に個人差があるため痩せたように感じるときもありますが、あくまで運動などと組み合わせることが効果を感じるポイントなのです。

 ◆ポリフェノールが豊富なのが特徴の一つ

ぜいたくレッドスムージーは栄養豊富な5つの赤い果物が使われているのが特徴です。赤ブドウ、イチゴ、ビルベリー、サクランボ、リンゴ、など、それぞれ特有のポリフェノールを含んだ果物が使われています。

ポリフェノールは非常に種類が多く、それぞれにコレステロール値の抑制や血流の改善、眼精疲労を和らげるなど健康効果があるといわれています。ぜいたくレッドスムージーは様々なポリフェノールを含んだ果物を利用することで、ダイエット時に崩れがちな健康のバランスをとるように考えられているのです。

また、イチゴやビルベリー、サクランボには豊富なビタミンが含まれていることが知られています。ビタミン不足を補うためにも使いやすいのが特徴になっているのです。

 ◆酵素と乳酸菌が大きな魅力

ぜいたくレッドスムージーの魅力が、生酵素と乳酸菌です。どちらも食べ物の消化吸収に関わる成分で、不足することで肥満の原因になることや、便秘が悪化する可能性があります。

乳酸菌は腸内の善玉菌を増やし、腸の活動を活発にしてくれます。ぜいたくレッドスムージーは1包みあたり10個の乳酸菌が入っていて、乳酸菌の餌となる食物繊維も豊富に含まれているのが特徴です。便秘が気になるときに補助的に使うのも方法です。

生酵素は、酵素不足を効果的に補ってくれます。酵素は食べ物の消化吸収に関わるもので、不足すると吸収できない栄養素が生まれてしまいます。また、脂肪の分解が進まず、肥満の原因物質ができやすくなります。酵素は人間の体の中で作られるほか、食べ物から摂取することもできます。ただし、酵素は48度程度で不活性になるといわれていて、加熱された食事からとることは難しいのです。

ぜいたくレッドスムージーには体が酵素を生み出すための栄養も含まれているため、酵素の力を効率よく取り入れることができます。

 ◆グルコマンナンやバジルシードもポイント

ぜいたくレッドスムージーはビタミンだけでなく、食生活で不足しがちなカルシウムなどのミネラルもプラスされています。体温を上げ、代謝を高めるショウガオールなども含まれていて、燃焼系ボディを目指す人や冷えが気になる人にうれしい成分もたくさん含まれています。

ダイエット面で見た場合はグルコマンナンとバジルシードが含まれているのが特徴になっています。どちらも水分を含むと大きく膨らむのが特徴で、満腹感や満足感をえるのに効果的です。栄養が豊富なだけでなく、満足感を得られることから、ダイエットにも使いやすくなっているのです。

 

 

ぜいたくレッドスムージーを使った、効果的な置き換えダイエット方法は?

スムージーを使った置き換えダイエットは一般的な物になりつつあります。ぜいたくレッドスムージーも置き換えダイエットに利用しやすいのが魅力ですが、ダイエットの種類に合わせて調整する意識も大切です。

 ◆置き換えダイエットっていったいなに?

置き換えダイエットは、食事を何らかの食べ物や飲み物と置き換えることでカロリーを減らすのが目的になります。リンゴダイエットなど様々な置き換えダイエットが存在しますが、栄養が偏りやすく、ダイエットの失敗につながりやすいのも特徴になっています。肌の調子が悪くなるなどマイナス面も目立ちやすく、健康面のデメリットも大きいのです。

ぜいたくレッドスムージーは栄養が豊富なだけでなく、お腹の中で膨らむバジルシードを含んでいるため一般的なグリーンスムージーよりも置き換えダイエットに使いやすいのが特徴です。

 ◆朝食と夕食のどちらを置き換えるべき?

置き換えダイエットの基本は、朝食か夕食の1食を置き換えることです。昼食を置き換えると仕事などに支障をきたすことが多いため、注意が必要です。勤務先に持っていく場合は、ランチの量を減らすつもりで使うのがおすすめになります。

朝食と夕食の両方を置き換える人もいますが、それを毎日続けるのは意外と大変です。空腹からの食べすぎがダイエットの一番の敵になるため、二食の置き換えは週に1度など回数を限定した方が良いのです。

朝食と夕食のどちらを置き換えた方が良いかは、生活習慣によっても異なります。朝食は小食であまり入らないなら、朝食を入れ替える、夜に食べすぎる癖があるなら夕食を置き換えるなど、バランスをとるのがおすすめです。

 ◆ダイエット方法との組み合わせも重要

ぜいたくレッドスムージーを使った置き換えダイエットは、短期間で体重を減らせる可能性があります。しかし、運動などを組み合わせ、スタイルなどを浴する場合は栄養不足に気を配る必要があります。

運動をすればカロリーを消費しますが、真っ先にエネルギーになるのは脂肪とは限らないのです。栄養素が不足していれば、せっかくシェイプアップした筋肉が分解され、カロリーとして利用されることがあるのです。運動前にスームジーだけを飲んでも、逆効果になる可能性があります。

運動前にしっかりと食事をとることが大切で、特にたんぱく質は重点的に補給する必要があります。スムージーを利用するのであれば、牛乳や豆乳などに混ぜて利用するのがおすすめです。

 

 

手軽だからこそ注意が必要!置き換えダイエットの失敗例

置き換えダイエットは手軽にカロリーを減らせることから人気です。一方で栄養が偏りやすく、リバウンドが激しくなってしまうケースもあります。失敗を防ぐためにも失敗例を知り、どのように行えばいいか学んでおくことは大切なのです。

 ◆一品だけの置き換えダイエットは特に危険

置き換えダイエットは人気のジャンルで、定期的に特定の食べ物を使ったダイエットが流行します。代表的なのはりんごを使ったリンゴダイエットなどですが、最初は体重が減っても思うようにダイエットが進まず、やめたと単にリバウンドするケースが多いのです。

注意したいのは栄養バランスです。どれだけ栄養価が高くても、一つの食品だけで人間に必要な栄養をまかなうことはできないからです。極端に食事が偏れば、体が常に飢えた状態になり、少しのカロリーでも脂肪を蓄えるようになってしまいます。

栄養のバランスをとりながら、反動が出ないようにコントロールすることも大切なのです。

 ◆食べる量がコントロールできないのも危険

置き換えダイエットでカロリーを制限しても、別なタイミングでカロリーをとりすぎれば無意味になってしまいます。特に注意したいのが間食です。お菓子類は自分が思っている以上にカロリーが多いケースが珍しくなく、しっかりとチェックしたいポイントになっているのです。菓子パンもカロリーが高くなりやすく、中には1袋で1000キロカロリーを越えるようなものもあります。口寂しいのであれば、よりカロリーが低く、長く噛んでいられるものを選ぶなど工夫が必要です。

アルコールも大敵で、食べる量を制限できなくなるケースがあります。お酒を飲みすぎると味覚が鈍くなり、どうしても濃い味の物を食べたくなります。置き換えダイエット中はちょっとしたきっかけで食欲が復活しがちで、食べ過ぎが発生しやすくなります。

自分が自生できるようにコントロールでき範囲で納めることが大切です。

 ◆無理はしないのもポイントになる

置き換えダイエットは、置き換える食事の回数を増やすほどカロリーを減らせます。注意したいのは、マイブレイクレッドスムージーなど栄養価が高いものを利用しても、不足する栄養がある点です。たんぱく質や炭水化物は特に不足するため、肉や魚、大豆製品のおかずや、米やパン類などもしっかり食べる必要があります。

1日1食の置き換えを目安に、たまにお休みを作る方法もあります。1日2食の置き換えなら毎日行わず、1食置き換えと交互に繰り返すなど工夫が大切です。

あくまで無理をせずに続けられる範囲で工夫するのがおすすめです。