• お問合せはこちら

最新情報

2016年2月16日
野外イベントに移動販売車
野外イベントは立ちっぱなしになることを覚悟
 これはしかたのないことですが、野外イベントでは立ちっぱなしになってしまうことを覚悟しておかなければならないで・・・
2016年2月9日
ケータリングカー&キッチンカーの魅力とは
お正月に露店を食い歩きするのが楽しみです
お正月といえば初詣です。除夜の鐘が鳴るのに合わせて、近所の神社やお寺をお宮参り、一年の健康をお祈りします。毎年・・・
2016年2月2日
野外イベントに移動販売車
フリーマーケットに出店して不用な物を賢く売る
家の中にある不用な物達をうまく処分する方法は、野外イベントとして頻繁に開催されているフリーマーケットで出品をす・・・
2016年1月26日
移動販売車関連記事
ケータリングカーでの出店を始めた際の活用方法
自分のお店を持ちたい!と考える方もいらっしゃるでしょうが店舗を持つ事や出店するお店の敷地の事などを考えるとなか・・・
2016年1月19日
ケータリングカー&キッチンカーの魅力とは
どのような人たちがこのケータリングカーの仕事をしているのか
移動販売車であるケータリングカー、実はどのように運営されているのだろうかと思うことがあるかもしれません。盆踊り・・・

野外イベントは立ちっぱなしになることを覚悟

 これはしかたのないことですが、野外イベントでは立ちっぱなしになってしまうことを覚悟しておかなければならないです。野外イベントでは大勢の人が詰めかけますので、そのすべてが座れる場所を確保することは、ほぼ不可能に近いです。そのため、座れる場所はほんの一角にすぎないので、だいたいの人が立ちっぱなしで野外イベントに参加します。

 1時間から2時間くらいの時間なら、立ちっぱなしが続いたとしてもそれほど気にはならないかもしれません。しかし、それ以上の時間立ちっぱなしになると、だんだん疲れが溜まってきてしまいます。野外イベントを楽しもうという気持ちよりも「早く座りたい、休みたい」という気持ちが強くなってしまって、心の底からはそのイベントを楽しめなくなってしまいます。それではせっかくの野外イベントも悪い印象しか残らなくなってしまいますので、なるべくならそうならないようにしなければならないです。

 そのためには、ランチをとるときになるべくイスのあるテーブル席に座る、レジャーシートや簡易のイスを持参してどこでも座れるよう準備しておく、休憩所を探しておいていざというときはそこで休むなどの対応が必要です。

 普段から立ちっぱなしに慣れている人ならば、長時間立ちっぱなしでも問題ではないのかもしれません。しかし、そうではなくて立ちっぱなしが慣れていない人ですと、思いのほかすぐに疲れてしまうことも珍しくないです。また、子どもの場合は特に疲れに対して敏感で急に居眠りを始めてしまうこともありますから、なるべく休ませながら過ごすようにしなければならないです。

 立ちっぱなしでいることは自分が思っている以上に体力を奪われますので、その気遣いをしておくのとおかないのではまったく違います。野外イベントに参加した次の日に脚が棒になって満足に動けないというのでは困りますので、そうならないようにしっかりと対策をした上で臨むことが体力を削らないためのコツです。

お正月に露店を食い歩きするのが楽しみです

お正月といえば初詣です。除夜の鐘が鳴るのに合わせて、近所の神社やお寺をお宮参り、一年の健康をお祈りします。毎年恒例の行事です。

ところで、初詣と言えば振る舞い物も楽しいものです。甘酒やお餅、お酒、紅白饅頭などを頂けます。神社やお寺ごとに違ったものを頂けるものですから、食いしん坊な私は正月早々、自転車に乗って様々な神社仏閣を巡ったりすることもあります。お蕎麦やそば米雑炊を頂けることもあり、寒い夜に身体が温まります。

また、正月ともなるとたくさんのケータリングカーが神社仏閣の参道に集まり、ひっそりと静まり返った町の中にあって、そこだけが華やかな賑わいを見せます。正月は飲食店もお休みで外食ができませんから、私のようにおせち料理を作る手間暇をさぼる者にとっては、ケータリングカーによる食品販売は頼れる味方です。焼きそばやたこ焼きといったケータリングカーの定番から、お汁粉やお雑煮といった正月らしいものまで、ケータリングカーではさまざまな食物が売られています。私のお気に入りは、穴子の串焼きです。私の故郷は穴子の産地として有名ですから、ケータリングカーが集まれば必ず一台は穴子を炭火焼きしています。辺りいっぱいに芳しい香りが広がるので、その匂いに引き寄せられるようにして参道を歩き、穴子焼きの露店を見つけ出します。そして、日本酒を片手に穴子の串焼きを頬張るのが私流の初詣の楽しみ方です。

お正月といえば、最近の若い人たちは伝統とは異なった楽しみ方をするようで、大きな神社や寺に初詣に行くと、タイカレーやケバブサンド、タコアリスなどをケータリングカーで販売なさっている方もいます。私は正月くらいは日本らしく過ごしたいので、そうしたお店で飲食することはありませんが、これだけ世界の食文化が広く親しまれている国ですから、正月からこうした物を売るのも面白い試みだなと思います。正月以外で彼らのお店と邂逅することがあれば、是非一度食べてみたいと思います。

フリーマーケットに出店して不用な物を賢く売る

家の中にある不用な物達をうまく処分する方法は、野外イベントとして頻繁に開催されているフリーマーケットで出品をすることです。規模が小さければ200円程度で出店できるところもあるため、自分の希望する金額通りに物を売りたい時には便利です。
フリーマーケットではなく、不用品を買い取ってくれる専門店もあるので、そこで売れば処分という意味では一番手っ取り早くできますが、金額に関して納得できない時もあるので、自分の思い通りの値段で設定できるフリーマーケットの方が、納得感はあります。

フリーマーケットの良いところは、直接買い物をしてくれるお客さんと交渉ができることです。リサイクルショップなどのように一方的に値段を提示されてしまうわけではないので、交渉次第ではおもわぬ値段で物が売れることもあります。
コツとしては、最初に高い値段を設定しておいて、もしお客さんが値下げして欲しいと言ってきたら、自分が希望する値段近くまで値下げをすると、お買い得感がお客さん的には生まれるので、思い通りの値段で捌ける可能性はあります。
万が一、希望する値段以下まで交渉してきたら断ればいいだけなので、良い人になって自分が折れる必要はありません。安く売りすぎて、後で後悔するのは自分なので、しっかりと交渉はしたいものです。

初めてフリーマーケットを開催する場合、どんなものが必要なのかわからないと思いますが、野外イベントを開催している主催者に問い合わせをすると丁寧に教えてくれますし、ネットでもフリーマケット初心者向けのサイトなどがあるため、情報は簡単に手に入ります。

一番苦労するのはお釣り、特に小銭を用意することですが、これも普段利用している銀行などで用意できるので、大丈夫です。
フリマのような野外イベントに参加するのが初めてだと不安に思うところもあると思います。そんな時は周りにいる人たちに声をかけてみるといいです。中にはベテラン的な人もいるので、いろいろアドバイスがもらえることがあります。

ケータリングカーでの出店を始めた際の活用方法

自分のお店を持ちたい!と考える方もいらっしゃるでしょうが店舗を持つ事や出店するお店の敷地の事などを考えるとなかなか手が出しづらいのが現状ではないでしょうか。
そこで自分のお店を持つ時の手段のひとつとして「ケータリングカー」をお勧めいたします。

移動販売として街中で見かけた事がある方もいらっしゃるでしょう。実際どのようにして販売しているかというと、見たままあの車内で料理を調理しお客様に提供しています。内部はそのままキッチンになっており、車の中とはいえ煮たり焼いたり揚げたりの一通りの調理が可能となっています。それでいて水道やガスもあらかじめ車の中でまかなえるように設計してありますので車一台あればどこでも調理が可能なのです。

主にショッピングモールや大型スーパーなんかで見かける機会が多いと思いますが、それ以外にも忘年会の席や結婚式の二次会などでも使われる事が増えています。
自分たちらしい結婚式を、と様々な場所で行われるようになった結婚式ですが昨今では調理スペースのない屋外での結婚式でどこでも調理が可能なケータリングカーが重宝される事例が増えてきているようです。

またケータリングカーが飲食店と異なる点として、移動式ですので移動している最中も宣伝効果があるといえるでしょう。
ケータリングカーを見ただけで何を売っている店か、どんな店か分かるように装飾をしている方は大勢いらっしゃいます。それは走行中でも宣伝効果があるというケータリングカーのメリットを最大限有効に使うためです。それを行うにはケータリングカーを購入後、改造を要しますがケータリングカーを専門に改造している業者もありますのでもし経営をする場合は相談しに行ってみるとよいでしょう。

飲食店を行ううえで比較的出店しやすいケータリングカー。脱サラしてケータリングカーで食べていっている方もいらっしゃいます。自分のお店を持つ夢をお持ちの方でしたら一度検討してみることをお勧めいたします。

どのような人たちがこのケータリングカーの仕事をしているのか

移動販売車であるケータリングカー、実はどのように運営されているのだろうかと思うことがあるかもしれません。盆踊りや花火大会、地域のイベントには欠かせないこうした販売車ですが、いったいどこから来ているのだろうか、どのようにして集めているのだとうかと思うのです。

このような業者は個人でやっていることがほとんどであり、通常は別のところで販売をしているのですが、こうしたイベントに合わせて要請に応じてきているのであり、イベントでお店を出せばかなり売り上げを期待できるということがあるのです。そのための仕事の車がケータリングカーであり、移動式なのでどこでも駆けつけることができ、商売ができるということが大きなメリットなのです。

このような仕事をしている人たちは多くはありませんが、いろいろなエリアには確かにいます。脱サラをした人や趣味で楽しんでいる人、気ままに働いている人もいれば、これですべての生計を立てているので一生懸命やっている人など実に様々なのです。とはいえ、事情はそれぞれ違っていても、これで働く人たちに共通しているのは、とっても気さくな人が多いということです。優しくて人間味のある人たちが多く、接していて気前のよい爽やかな感じの人が多いのです。ですからそうした人間性のよさで売り上げを伸ばす人が多いのは確かであり、味は普通であったとしてもあの人が作ってくれているものであれば買ってあげたいという気持ちになるのです。

このように爽やかにいつでも仕事をする人というのはその人柄で人を惹きつける魅力があるのであり、こうした商売には特に必要なことかもしれません。それほど売り上げが上がらなくてもあるいは儲けが出なくてもこの仕事が好きでそれを楽しんでいる人が多いのであり、イベントのために駆けつけてくれるそうした業者がいるというのは嬉しいことです。とってもやりがいのある仕事であると彼らは感じているのであり、この仕事に誇りを持っています。

インドで飲んだチャイをケータリングカーで売りたい

インドで一番ポピュラーな飲食店といえばチャイ屋です。チャイとはインド流ミルクティーのこと。コッテリ濃厚なアッサムティーのリーフと数種類のスパイスを一緒に煮だし、そこにたっぷりのお砂糖とミルクをつき足し一煮立てさせたお茶です。このチャイをサーブするチャイ屋が北インドではどんな町でもいたるところで見かけます。しかも屋台のチャイ屋をです。

インド人は喫茶店でお茶を飲んだりしません。インド流ケータリングカーで作られたチャイをお天道様の下で立ったまま頂くのです。チャイの器は小さな素焼きのコップです。インド人はチャイを飲み終わると、これを地面に叩きつけて割ってしまいます。日本人の感覚からすると、もったいな!と叫んでしまいそうですが、インドは厳格な階級社会なので、上流階級と下流階級が同じコップに口をつけないようにとの配慮から、使い捨ての土器を使用しているのだとか。日本にはない価値観なのでちょっと戸惑ってしまいます。

しかしながら、インドのチャイは本当に美味しいものです。スパイシーで甘さたっぷりだから、それを飲むと、インドの暑さに負けないためのエネルギーが補給できるかのようです。インドを旅行中は一日何杯もこのチャイを飲んでいました。それぞれのケータリングカーごとにスパイスの調合が違うので、それぞれに味わいが違って何杯飲んでも飽きませんでした。

インド旅行から帰ってきてからというもの、私は毎日のようにチャイを作っています。インドで飲んだあの味に近づけるために、茶葉やミルク、スパイスをあれこれ試しているのです。最近はようやく満足できるレシピが出来上がり、日本にいながらにしてインドの気分を味わえるようになりました。ちょっとうぬぼれているかもしれませんが、日本でこれだけのチャイを飲ませるのはそうそうないのではないかと思っています。いつか私もインド人のケータリングカーを駆って、路上でチャイを売ってみたいと思うこともあります。

事故を減らす努力が求められる野外イベント

夏になると一気に野外イベントが多くなる訳ですが、どこで情報を入手すればいいのかと思っている人も少なくありません。一昔前ならば雑誌がその情報を手に入れるメディアという事だった訳ですが、最近はやはりネットでしょう。これをしっかりとチェックしておけば、楽しそうなイベントを見逃してしまうという事も無いと思います。

夏は思っているよりも期間が長くはありません。案外短いですからボケっとしていると、いつの間にか思わってしまうのです。秋になったかと思えば直ぐに冬に移行する訳で、その間に楽しい事はしておくべきでしょう。別に寒いからと言って、その様な類のイベントが完全に無くなる訳ではありませんが、やはり寒い所で厚着をして参加するのは大変なはずです。

野外イベントは開放的ですから、そういう意味でも良いですね。野球なんかにしても屋根付きのドームより開放的な方が良いという人が大勢います。某監督もそれを理由にして指揮をとるチームを選んだと言われています。雨に濡れず、それなりに気温もコントロールされている屋内のメリットも大きいのですが、それとは引き換えに失っている部分があるのも確かでしょう。

この所、野外イベントが復活しつつあるとも言われており、そういう面では素晴らしいと言えそうです。懸念すべきは熱中症でしょうか。いくら皆で楽しくやっていても、誰かが体調不良で倒れてしまえば台無しになってしまいます。もちろん、その人達が何か悪い事をしたという訳ではありません。ただ、やはり一度その様な事をやってしまうと、それ以後継続してイベントを開催する事が難しくなってしまうでしょう。

ですのでこれからは、その様なハプニングをいかに減らすかも重要になるでしょう。日陰をできるだけ沢山作るなどの対策も効果的かもしれません。この様なやり方をすれば良いというマニュアルみたいなものも現在は無いでしょうが、これから多くの人達が工夫する事によって自然とルールが作られて行く様な気もしています。

店舗型のお店と比較したケータリングカーのメリット

ケータリングカーは飲食店を始めてみたいという人に移動販売という新しい形態として注目されています。

ではケータリングカーの移動販売の経営は店舗型の経営に対してどんなメリットがあるのでしょうか。
開業から営業、利益などの違いでまとめてみました。

■移動販売は開業するまでの資金が安く、開業準備がシンプル
店舗型ではまず立地と周辺の飲食店の状況を市場調査してテナントを探します。
資金は居抜きで500万円程度、スケルトンで1000万円程度は最低でも必要です。
これに対し移動販売では最初に営業を始める場所と他に移動販売のお店が無いかという状況が簡単にわかります。
また移動することが出来るので、営業を始めてからでも変更が出来るのが大きなメリットです。
資金は車の大きさによって変わりますが軽自動車なら150万円程度、中型車なら300万円程度とかなり安く始められます。
また中古車を改装する方法もありこの場合さらに50万円程安くなります。

■移動販売は通常営業での負担が少ない
店舗型では開業する際、メニューをどのように構成するかが非常に重要になります。
また常に利用層を考えてメニューを変更したり集客に気を配らなければお客は増えません。
またアルバイトのコストもかかりますし、接客教育にも気を配る必要があります。
移動販売ではシンプルなメニューで小さなテイクアウトから始められます。
集客は一度良い場所を見つければそこに留まることも出来ますし、いろんな所で良い場所を見つけ、その場所を巡回することも出来ます。
移動して常にお客さんが来る状況を作ることが出来るのも移動販売のメリットです。
営業自体は1人でもでき、売り上げが伸びてきた場合にはアルバイトを追加します。
キッチンカーの周りにテーブルを置いて接客するなど、段階的に規模を大きくしていけることもメリットです。

■利益は店舗型はハイリスク・ハイリターン、移動販売はローリスクローリターン
店舗型のお店は軌道に乗るまではかなりの赤字を覚悟しなければなりません。
お客がほとんど来ない場合月50万円以上の赤字になることもしばしばです。
軌道に乗ってきたお店では3ヶ月程度で黒字が出るようになってきて利益もお客に比例して増えていきます。
普通の黒字のお店で利益は月50万円以上、忙しいお店になると100万円以上になるお店もあります。
対して移動販売は店舗型のお店よりも利益は少ないといえます。
でも赤字の額も店舗型に比べればずっと低く抑えられます。
開業当初にお客がほとんど来ない場合でも維持費含めて月の赤字は10万円程度です。
お客が増えるに連れてすぐに黒字になっていくのが特徴で、月50万円以上の利益を目指すことも決して無理な数字ではありません。

このように店舗型はハイリスク・ハイリターン、移動販売はローリスクローリターンということが出来ます。
でも店舗型はハイリスクの影響が大きすぎます。
閉店すると借金を残す場合が多く入念な準備が必要です。
ケータリングカーの移動販売はこういった点からもリスクが少ない飲食店経営が出来ることから注目を集めています。
ぜひ双方の特徴を理解して検討してみてください。

野外イベントがある会場へのお出かけ

我が家には2人の娘がいます。いまでは高校生と中学生になりましたがむかしは本当によく野外イベントにでかけました。週末になるといつもホームページで野外イベントで何かやってないか、電車で行けるところ、車でないといけないところをチェックしたり、食事がメインなのか、出し物がメインなのか、ゲストが来るのかといったところをしっかりチェックして子供たちとも相談しながら行き先を決めたものです。

もちろん、予算との兼ね合いもありますのでどういった出し物や食べ物があるのかまでしっかりチェックしています。さらに子供たちが喜ぶだけではなくわたしや家内も同じように楽しめるポイントがあるかどうかも重要なところです。例えば、我が家にとってバランスが良い場所が競馬場でした。子供たちにはちょっとしたアスレチックがあって、極端に言えば、朝から晩まで遊んでいることができます。

家内はお弁当を作る手間はありますが、昼食代が必要ないのでコスト代もうきます。わたしはこどもたちの面倒を見ながら競馬を楽しむことができるので非常に有効な時間の使い方になるわけです。さらに夕食も私の競馬の収支次第ですが外食をしえかえることもできるので子供たちもさらに喜ぶといった具合です。さらには大きな公園での縁日といった野外イベント会場も非常に楽しみな出掛先です。後はなんといっても野外イベントのいいところは健康的で日焼けをすることもできるところでしょか。

子供たちも野外イベントのある会場へのお出かけのあとは夜もぐっすり眠って翌日を迎えるパターンになり、非常に親としても非常にうれしいことです。また、こうしたお出かけに際してお友達や近所の友人たちと一緒に出掛けることになれば、長時間屋外でも遊ぶことが出来るので子供たちも大喜び。ご近所さんとの親交も深まるとあって絶好の機会となっています。もちろん、冬場であっても野外でのおでかけは子供たちには非常に喜ばれます。

全員が参加する野外イベントの面白さ

野外イベントは単に披露しているアーティストの歌を聴いたり、踊りに満喫する内容ばかりではなくて、観客の参加型の催し物があります。観客の全員が楽しめる催し物の例として、じゃんけん大会が有名です。じゃんけん大会に参加する条件として、基本的に会場に入っている人の全員が参加する権利を持っています。年齢や性別に関係なく誰でも楽しめる事が特徴で、普段の生活でじゃんけんで遊んでいる子供を鑑みた楽しい野外イベントであると言えます。

基本的なゲームの流れとして、主催者にじゃんけんで勝負を継続して、1回でも負けた場合は参加する権利を失います。最後まで勝ち続けた人が景品をもらったり、有名人と握手するなどの権利を得る事で全員が楽しめる内容になっています。
最近は紙風船などの道具を使用して、観客同士が楽しめる催し物も多いです。風船を早く膨らませたり、一般常識からマニア向けのクイズを出題するなどの内容で、参加する人が競い合いながら
楽しめる事が醍醐味です。

近年はテレビのバラエティ番組で放送されていたゲームを参照にして、直接的に観客と楽しめる野外イベントもあります。ある物に対して当てるクイズを出題する場合に、行動の振る舞いによって相手に伝えたり、上手にコミュニケーションを行いながら多くの人と仲良くなる事が面白いです。単に歌を聴いたり、観客が踊りを踊るばかりではなくて、様々な出し物で多くの観客が一緒にコミュニケーションを行いながら参加して、楽しめる所に醍醐味があります。

野外イベントの種類によっては、ミニゲームに参加した場合に冷蔵庫やテレビなどの大型の家電製品が当たる事もあります。一方で、ゲームに参加しても当たらなかった場合に手ぶらで帰る事を考慮して、参加賞を設けている事もあります。仲良しのグループを作って、1つのグループとして対抗しながら運動会の感覚で楽しんだり、目的を達成する競争などの多彩な催し物を研究して、積極的に参加する行動を持つと面白さが拡張します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ